MENU

介護福祉士で人気の問題集!選ぶべきたった1つの問題集とは?

介護福祉士の試験においては

 

  • 基本テキスト

 

  • 問題集

 

とがセットの教材となりますが、中でも特に問題集選びはかなり合否にウェートを占めるようになります。
人気な問題集を紹介したいのと、合格に直結するような問題集についても解説をしたいと思います。

 

介護福祉士試験受験者の間で人気の問題集とは?

 

介護福祉士を受験する人の間で問題集の人気というのは二分されているといって良いです。

 

  • 中央法規

 

  • ユーキャン

 

この2つが人気伯仲といって良いでしょう。

 

数年前だと文句なく中央法規の問題集が一番人気といっても良かったのですが、現在はそうともいえません。

 

資格の通信教育大手のユーキャンの問題集も急速に受験者の間で人気を持つようになりました。

 

中央法規の問題集は少し前までは

 

本番でも似た問題が出ることもあった

 

ときどき同じような問題が出ることもある

 

という的中率で人気があったわけですが、今はここまでの的中率を出せなくなっています。

 

逆にユーキャンは問題集を作る組織力を持っているので、介護福祉士試験の問題傾向に沿った問題集に急速になってきたので人気が伯仲しつつあるというようにいえます。

 

どちらかを選ばないといけないという場合にはまず中央法規をまだおすすめします。

 

時間に余裕があればユーキャンも合わせて行うとさらに合格に近くなるでしょう。

 

人気の問題集と合格率への影響

 

問題集というのは

 

本番での頻出問題を網羅していること

 

過去問と比較してその問題集をやりこむことで合格レベルに到達できたかどうかの検証

 

という2点からの選び方が欠かせません。

 

特に2つめの過去の介護福祉士試験での問題集ごとの合格率の比較検証は必須といっても良いのですが、ほとんどの人は適当に選んでいて、評判をメインに問題集を購入しています。

 

上のように中央法規、ユーキャンの問題集が特に人気とまず言って良いわけですが、実は私がおすすめするのは上の2点から検証した結果違う問題集となります。

 

数ある問題集の中でもある1冊だけはその1冊をやりこむことだけで合格レベルに到達するというような内容があります。

 

問題集選びは介護福祉士試験の合格率に直結しますので、このページの下のほうで紹介しています問題集選びは目を通しておいて欲しいと思います。

 

問題集と基本テキストの使い方

 

試験日まで余裕がなければ上に紹介した問題集を1冊だけ徹底的にやりこむことをおすすめします。

 

基本テキストはあえてメインに使わない

 

問題集をメインに解くことで点数をアップさせていく

 

問題集でわからないことが出てきたときに基本テキストで調べて知識を補う

 

過去問は直前に時間配分の感覚を養うためにだけ使用する

 

というように勉強を組み立てていくと1ヶ月ほど真剣に勉強すれば介護福祉士の合格レベルに到達できます。

 

基本テキストはサブとして使用するので問題集ほど選択にこだわらなくても構いません。

 

説明がわかりやすいこと

 

実績があること

 

図なども使われていること

 

頻出事項などもわかりやすく表示されていること

 

が条件となりますが、中央法規やユーキャンをおすすめします。

 

どちらも基本テキストについては優劣がありませんが、自分で見てみて説明がわかりやすいほうを選択してください。

 

基本テキストがわかりにくいときの勉強方法

 

どうしても基本テキストがわかりにくいという場合には

 

介護保険の手引き

 

障害者福祉のしおり

 

高齢者のしおり

 

が市役所の福祉課におかれているので、無料なので入手しておきましょう。

 

介護保険など苦手とする人も多いですが、これらは一般の人向けの資料なのでかなりわかりやすくなっていると思います。

 

三島茂人さんの介護福祉士らくらく合格勉強法


介護福祉士試験にたった14日で合格した人は介護福祉士らくらく合格勉強法を実践している人が多いです。
私も介護福祉士らくらく合格勉強法で3週間ほどの勉強で合格しました。


あえて基本テキストをメインに使わない

頻出問題を網羅したある問題集を1冊だけやりこむ

覚えないといけない知識を効率良く覚える驚異の記憶法

100名限定の教材なので売り切れないうちにチェック!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~