MENU

介護福祉士合格の勉強法5つのコツ!合格率を極限まで高める

介護福祉士試験では不合格になったことのある人もいるかもしれませんが、合格者とそうではない人とで明確ないくつかの違いがあります。

 

頭の良さ、記憶力の違いというよりも勉強方法にその違いがあります。

 

逆にいえば、合格者との違いを知ることで自分の合格率を上げることも可能というようにいえます。

 

今回は介護福祉士試験の合格者にある共通点を解説していきます。

 

介護福祉士試験合格のコツ!基本テキストはあまり追いかけない

 

介護福祉士試験では合格者の平均勉強期間は3ヶ月といわれています。

 

逆にいえば3ヶ月前後しか試験日までに日程の余裕がなければ普通の勉強をしていると間に合わないことが多いというようにもいえます。

 

特に多い勉強法は基本テキストの読み込みです。

 

最初から基本テキストを読み込む

 

最後まで読み終わり、最初に戻るとすっかりと忘れている

 

慌てて最初からテキストを読み直す

 

このようなテキストの読み込みで気がつくと試験日まであまり日程の余裕がなくなっていて慌てて問題集を解くようになるものの、本番で合格点が取れないという人は多いのです。

 

介護福祉士の問題傾向を分析していくとテキストの読み込みで隅まで覚えようとするよりも、基本的で出題頻度の高い箇所のみ押さえていくほうが合格に直結します。

 

特に記憶力に自信のない人は基本テキストに固執する勉強法は危険といえるでしょう。

 

介護福祉士試験合格のコツ!過去問ってどの程度意味があるの?

 

介護福祉士では過去問が合格率に影響するかどうかというのは意見が分かれるところではないかと思います。

 

個人的には意見というよりもデータから割り出せば良いと思います。

 

介護福祉士試験では同じ問題はまず出ないし、似た問題もほぼ出ない

 

過去問3年分をすべて解けるようになっても本番で似た問題が出るのは1~2問

 

過去5年分をすべて解けるようになっても本番では3問程度似た問題が出る程度

 

というようになっているので、このようにデータからすれば過去問にあまり意味がないことがわかります。

 

過去問については

 

直前に1回程度時間を計って解き、時間配分の感覚をつかむ

 

問題傾向を知ることに使う

 

という程度で十分です。

 

過去問をメインに勉強するのは思っていうほど点数を伸ばせないのであまり深追いしないようにしていきましょう。

 

介護福祉士の勉強のコツ!テキストと問題集の使い分け

 

介護福祉士では普段そこそこ仕事をしていればある程度の知識はありますので、いきなり問題集を解き、苦手科目を把握することからはじめるべきです。

 

問題集を解く

 

問題集でわからないことが出てくれば基本テキストで調べることで知識の補完

 

直前に過去問で時間配分をつかむ

 

ということで実践の中で知識を確立していくようにするのが最も効率的といえます。

 

実践という意味では模擬試験もありますが、時間の余裕がある限り受けるようにしていきましょう。

 

本番で似た問題が出る

 

本番の時間配分などの感覚をつかめる

 

間違えた箇所も押さえることで知識が増す

 

というように使っていくようにしましょう。

 

介護福祉士試験合格最大のコツは問題集の選択にある

 

では介護福祉士では何をメインに勉強していくと良いのかということですが、ズバリ予想問題集です。

 

もっといえば問題集選びが直接合格率に影響してくるといっても良いほどです。

 

一般的に受験者に人気の問題集といえば

 

  • 中央法規

 

  • ユーキャン

 

となります。

 

中央法規は特に過去、似た問題が本番の介護福祉士試験でも出題されるというようなこともあり人気でした。

 

しかし今はそのような的中率もありませんので、合格に最短距離の問題集とはいえません。

 

これはユーキャンも問題集にもいえることです。

 

介護福祉士試験に最短距離で合格するための問題集の条件といえば

 

頻出問題を網羅していること

 

過去問と比較してその問題集1冊だけ解くことで合格レベルに到達できること

 

です。

 

両方とも満たさないといけませんが、数ある問題集の中でも1冊だけこの2つの条件を満たす問題集が存在しています。

 

繰り返しいいますが問題集選びは介護福祉士の合格率に直結しますので、このページの下のほうで紹介している問題集選びについてよく検討してほしいと思います。

 

この方法で勉強すれば1ヶ月ほどで合格レベルに到達することも可能といえます。

 

三島茂人さんの介護福祉士らくらく合格勉強法


介護福祉士試験にたった14日で合格した人は介護福祉士らくらく合格勉強法を実践している人が多いです。
私も介護福祉士らくらく合格勉強法で3週間ほどの勉強で合格しました。


あえて基本テキストをメインに使わない

頻出問題を網羅したある問題集を1冊だけやりこむ

覚えないといけない知識を効率良く覚える驚異の記憶法

100名限定の教材なので売り切れないうちにチェック!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~