MENU

介護福祉士に合格するためのテキストの選び方!勉強法も解説

介護福祉士試験の勉強法でテキストの選択というのは1つのターニングポイントとなります。

 

しかしこのテキストはいくつかの種類があり、若干内容も違うのでどのテキストをメインにすれば良いのかというところは非常に迷いやすいといえます。

 

介護福祉士での最適なテキストの選び方

 

介護福祉士を最短で合格するためには中央法規出版のテキストがまず無難です。

 

わかる! 受かる! 介護福祉士国家試験合格テキスト
介護福祉士国家試験受験対策研究会、中央法規

 

内容としてはすべて記憶すれば介護福祉士試験に不合格となることはまずないといえるくらいに充実していますので、安心して使っていくことができるようになっています。

 

中央法規の介護福祉士テキストがベストな理由

 

いくつか理由がありますが、

 

介護福祉士の試験問題を作る担当者がまず参考にしているのが中央法規のテキストといわれている

 

毎年の出題傾向を見ていると中央法規のテキストにまず記載されていることが多いこと

 

ということで介護福祉士の試験問題の作成の流れ、あるいは過去の出題問題を分析していくことで中央法規のテキストが最適ということがいえるからです。

 

中央法規テキストをどのように使った勉強方法をとるべき?

 

ただ中央法規のテキストも使い方によっては不合格にさせてしまう可能性も秘めています。

 

500ページ弱のボリュームなので読み込むだけでかなりの時間がかかってしまう

 

すべて覚えようとすれば試験までに間に合わないこともある

 

記憶力に自信のない人はあまりテキストをメインに勉強するべきではない

 

というようなところもあります。

 

介護福祉士の試験に確実に合格できるようなレベルやボリュームとなっていることが仇になってしまう人もいるということです。

 

中央法規のテキストだけではありませんが、介護福祉士試験に効率良く合格するには

 

テキストはあえてメインに使わない

 

予想問題集を解くことをメインにする

 

はじめに問題集を解き、苦手ジャンルを把握する

 

その問題集で間違えたときにテキストを調べて知識の補完をする

 

というようにしていくと良いでしょう。

 

介護福祉士では90点など高得点は必要ありませんので、合格ぎりぎりとはいいませんが、合格できるレベルまで問題を解けるようになれば良いのです。

 

介護福祉士試験での過去問の使い方

 

過去問の問題集も徹底的に解く必要はありません。

 

過去問というのは正直いって二度と出ないわけで、解く意味というのは非常に限られていると考えて良いです。

 

過去問は試験直前に時間配分や雰囲気をつかむために解く

 

介護福祉士の試験傾向をつかむために使う

 

ということで決してメインに勉強してはいけません。

 

基本テキスト、過去問をメインにする人が不合格になったり、試験日までに日程の余裕がなくなって不合格になりやすい人ともいえるのです。

 

え?介護福祉士の試験勉強で過去問は解いてはいけない?

 

介護福祉士試験の勉強法ではテキストよりも問題集の選択がポイント

 

上のように効率良く介護福祉士試験に合格しようと思えばテキストよりも問題集選びが重要となってくることがわかります。

 

出題のよくある頻出問題を網羅した問題集

 

応用力をつける問題集

 

過去問ばかりでまず今度の試験では出題されない問題を省いたもの

 

というような1冊だけやりこむと介護福祉士試験の合格レベルに到達できる問題集を選べれば合格したも同然とさえいっても良いのです。

 

数ある介護福祉士の問題集でも1冊だけこのような条件を満たしたものが実は1つだけ存在しています。

 

その問題集を1冊だけやりこむと合格率が90%以上となります。

 

この問題集選びについてはこのページの下のほうに紹介していますので参考にしていただければと思います。

 

三島茂人さんの介護福祉士らくらく合格勉強法


介護福祉士試験にたった14日で合格した人は介護福祉士らくらく合格勉強法を実践している人が多いです。
私も介護福祉士らくらく合格勉強法で3週間ほどの勉強で合格しました。


あえて基本テキストをメインに使わない

頻出問題を網羅したある問題集を1冊だけやりこむ

覚えないといけない知識を効率良く覚える驚異の記憶法

100名限定の教材なので売り切れないうちにチェック!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~